平山夢明の評判・口コミは?世間の声をまとめてみた

平山夢明とは

平山夢明の話題・口コミ

@risarisa_drama 結構分厚いし何故か手に入りにくいからネットで買うことをオススメする。 平山夢明さんやで まじで大好きな小説

数年前、古書店に血が付いた平山夢明のシンカーが置いてあったが、あれは誰がか買っていったのか…

映画のDiner絶対面白いし、漫画も面白かったからめちゃくちゃ見たいんだけど、ごじむでくそしょうもない下ネタ言ってた平山夢明が頭から離れなくて台無しなんだけどwwwほんとに酷かったwwwなんでそのタイミングで下ネタぶち込んだのwww今、怖い話するところだったじゃんwww記憶消したい( ˘ω˘ )

自分自身をアップデートしていく、不謹慎なことは理解し合った人同士以外では漏れ出さないようにするなどの「変態だからこそ常識的であれ」という教えに通じる話も。 取り上げられた人物で知っていたのは丸尾末広(サブカル漫画のページで紹介あり)…あと平山夢明の話もちらっとあったぐらいか。

芹沢「とてつもなくエグいホラー映画を借りて怖がった霊幻さんに頼られる予定だったのに怖がったのはエクボ先輩だけ。腹立ったから枕元で平山夢明先生を朗読してやる」

一時、怖いもの読みたさでFBI心理捜査官によるプロファイル本や平山夢明氏による実録犯罪物を読んでいた事があるが、此の世で何が一番怖いのか?それは人間以外の何者でも無いんだよなぁ。国内外での異常な殺人犯には独特の雰囲気が漂っているんだろうね。 twitter.com/weeklymasa/sta…

落ち込んだり気分が沈んだ時に一番ヤバい感情は「面倒くさい」だと思う。これにハマるとしんどい。食事する、ゆっくり風呂に入る、外出する、部屋を掃除する。そういうハードルが高くなる。狂気の作家、平山夢明氏は「面倒くさいは狂うスイッチ」と言っていた。敵は暗い気分じゃない。面倒くささだ。

クラウドファンディング公演、平山夢明さん作品好きな人はニヤニヤしそう。 Voyantroupe第4.5回本公演 『Paranoia Papers 〜偏執狂短編集ⅣΣ〜』 2019年6月21日(金)~7/1日(月) 聴の章/橡の章 ※各回初日にクラウドファンディング限定公演あり 詳細とご予約 lineblog.me/shoutarou_1987…

test ツイッターメディア - クラウドファンディング公演、平山夢明さん作品好きな人はニヤニヤしそう。

Voyantroupe第4.5回本公演
『Paranoia Papers 〜偏執狂短編集ⅣΣ〜』
2019年6月21日(金)~7/1日(月) 

聴の章/橡の章
※各回初日にクラウドファンディング限定公演あり

詳細とご予約
https://t.co/SU2yiOoPtm https://t.co/rTDs5xUvtj
test ツイッターメディア - クラウドファンディング公演、平山夢明さん作品好きな人はニヤニヤしそう。

Voyantroupe第4.5回本公演
『Paranoia Papers 〜偏執狂短編集ⅣΣ〜』
2019年6月21日(金)~7/1日(月) 

聴の章/橡の章
※各回初日にクラウドファンディング限定公演あり

詳細とご予約
https://t.co/SU2yiOoPtm https://t.co/rTDs5xUvtj
test ツイッターメディア - クラウドファンディング公演、平山夢明さん作品好きな人はニヤニヤしそう。

Voyantroupe第4.5回本公演
『Paranoia Papers 〜偏執狂短編集ⅣΣ〜』
2019年6月21日(金)~7/1日(月) 

聴の章/橡の章
※各回初日にクラウドファンディング限定公演あり

詳細とご予約
https://t.co/SU2yiOoPtm https://t.co/rTDs5xUvtj

平山夢明先生のダイナーが映画化するらしい…。面白いんだよなぁ…他の作品も…。

test ツイッターメディア - 平山夢明先生のダイナーが映画化するらしい…。面白いんだよなぁ…他の作品も…。 https://t.co/y7FeSpPUTS
test ツイッターメディア - 平山夢明先生のダイナーが映画化するらしい…。面白いんだよなぁ…他の作品も…。 https://t.co/y7FeSpPUTS
test ツイッターメディア - 平山夢明先生のダイナーが映画化するらしい…。面白いんだよなぁ…他の作品も…。 https://t.co/y7FeSpPUTS
test ツイッターメディア - 平山夢明先生のダイナーが映画化するらしい…。面白いんだよなぁ…他の作品も…。 https://t.co/y7FeSpPUTS

【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最終候補。第28回日本冒険小説協会大賞、第13回大藪春彦賞を受賞。

「デブを捨てに」読了。平山夢明作品ってつぶさに気持ち悪いのに何でこんなに面白いんだろうね。「いんちき小僧」は少し悲しい読後感だったけど「マミーボコボコ」「顔が不自由で素敵な売女」は妙に郷愁を感じるような終わり方だったし「デブを捨てに」も猫やゲロは最悪だけどハラハラして面白かった。