アフリカ豚コレラの評判・口コミは?世間の声をまとめてみた

アフリカ豚コレラ

アフリカ豚コレラとは

アフリカ豚コレラは、アフリカ豚コレラウイルスが豚やいのししに感染する伝染病であり、発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病です。

本病は、ダニが媒介することや、感染畜等との直接的な接触により感染が拡大します。
本病に有効なワクチンや治療法はなく、 発生した場合の畜産業界への影響が甚大であることから、我が国の家畜伝染病予防法において「家畜伝染病」に指定され、患畜・疑似患畜の速やかな届出とと殺が義務付けられています。

我が国は、これまで本病の発生が確認されておらず、本病の清浄国ですが、アフリカでは常在的に、ロシア及びその周辺諸国でも発生が確認されているため、今後とも、海外からの侵入に対する警戒を怠ることなく、本病の発生予防に努めることが重要です。

なお、アフリカ豚コレラは豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。

アフリカ豚コレラが新千歳空港で見つかる

22日、中国からの旅客の荷物の中からアフリカ豚コレラの陽性反応が出たソーセージが見つかったと発表がありました。日本にウイルスの持ち込み事例が確認されたのは初めてだそうです。

アフリカ豚コレラの話題・口コミ

治療法ないアフリカ豚コレラ迫る 豚肉大国の中国で猛威 (キーワードによるニュース配信記事の非選択アップです。) asahi.com/articles/ASLCY…

食の安全も保てない国が軍拡に走る愚かさ😱 治療法ないアフリカ豚コレラ迫る 豚肉大国の中国で猛威:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASLCY…

”世界最大の豚肉の生産・消費国である中国で、治療法がない豚の伝染病「アフリカ豚コレラ」が猛威をふるっている。8月にアジアで初の感染が中国で確認されて以来、感染は21省市に拡大。60万頭以上の豚が殺処分された。日本政府もウイルスを防ぐのに懸命だ” asahi.com/articles/ASLCY…

世界最大の豚肉の生産・消費国である中国で、治療法がない豚の伝染病「アフリカ豚コレラ」(ASF)が猛威をふるっています。日本政府も水際まで迫るウイルスを防ぐのに懸命です。 asahi.com/articles/ASLCY…

test ツイッターメディア - 世界最大の豚肉の生産・消費国である中国で、治療法がない豚の伝染病「アフリカ豚コレラ」(ASF)が猛威をふるっています。日本政府も水際まで迫るウイルスを防ぐのに懸命です。 https://t.co/8VpNxjTRpX https://t.co/ZDP2RSM2oi

治療法ないアフリカ豚コレラ迫る 豚肉大国の中国で猛威 t.asahi.com/uoxw