西畠清順の評判・口コミは?世間の声をまとめてみた


Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

西畠清順とは

西畠清順の話題・口コミ

【代々木VILLAGE by kurkku】代々木駅から徒歩1分。カフェやレストランなどが入った複合商業施設。施設の総合プロデュースは小林武史。インパクトのある植物にあふれた庭は西畠清順が手がけた。緑に癒されつつショッピングが楽しめる。 #代々木VILLAGE #小林武史 #西畠清順 yoyogi-village.jp

広島県福山・尾道 建築の旅シリーズ⑦ 神勝寺 洸庭 Kohtei 禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン 伝統的なこけら葺きを応用し、全体を木材で柔らかく包んだ舟型の建物が、石のランドスケープの上に浮かぶ 設計・監理 名和晃平|SANDWICH ランドスケープ監修 西畠清順(そら植物園)

test ツイッターメディア - 広島県福山・尾道 建築の旅シリーズ⑦

神勝寺 洸庭 Kohtei

禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン

伝統的なこけら葺きを応用し、全体を木材で柔らかく包んだ舟型の建物が、石のランドスケープの上に浮かぶ

設計・監理 名和晃平|SANDWICH 
ランドスケープ監修 西畠清順(そら植物園) https://t.co/SF9NuGaBO5
test ツイッターメディア - 広島県福山・尾道 建築の旅シリーズ⑦

神勝寺 洸庭 Kohtei

禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン

伝統的なこけら葺きを応用し、全体を木材で柔らかく包んだ舟型の建物が、石のランドスケープの上に浮かぶ

設計・監理 名和晃平|SANDWICH 
ランドスケープ監修 西畠清順(そら植物園) https://t.co/SF9NuGaBO5
test ツイッターメディア - 広島県福山・尾道 建築の旅シリーズ⑦

神勝寺 洸庭 Kohtei

禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン

伝統的なこけら葺きを応用し、全体を木材で柔らかく包んだ舟型の建物が、石のランドスケープの上に浮かぶ

設計・監理 名和晃平|SANDWICH 
ランドスケープ監修 西畠清順(そら植物園) https://t.co/SF9NuGaBO5

絶対不可能を覆す常識破りのハンティングで注目される、若き植物探索者のノンフィクション。 『プラントハンター 命を懸けて花を追う』(西畠清順) tokuma.jp/bookinfo/97841…

神名神社の御神木。人的被害がなくて何よりではあったけど、倒れたり掘り起こした生木(しかも樹齢千年超!)の再生…こういうとき西畠清順さんみたいにフットワークの軽い人がぱっと広告塔になってくれたら…って思ってしまう。ツリーの企画がうまく伝わらなかっただけに難しいかしら…

【ニュース 2020.7.12】西畠清順のInstagramが更新されました。下記URLよりご覧ください。 instagram.com/tv/CCgEis5Aym1… #西畠清順 #そら植物園

絶対不可能を覆す常識破りのハンティングで注目される、若き植物探索者のノンフィクション。 『プラントハンター 命を懸けて花を追う』(西畠清順) tokuma.jp/bookinfo/97841…

代々木 VILLAGE by kurkku(東京)kurkku プロデュース、小林武史 設計、片山正道 インテリアデザイン、そら植物園 西畠清順 造園 グッドデザイン賞受賞 yoyogi-village.jp

肩書はプラントハンターでいいのかしら?西畠清順さんのインスタ。 災害時の動き方と備えについて。 正しい知識と柔軟な思考。 速やかな動きと慎重な対応。 なるほどなと思う投稿でした。 instagram.com/p/CCgHMZXAhLL/…

View this post on Instagram

「自然災害発災時、いわゆる72時間の壁で、ほんとはだれが一番役に立っているのかな。自衛隊?消防?警察?消防団?ほんとのところが知りたい。 現場近くにいて、横の繋がりが強くて、地元の自然環境と地理を熟知していて、土砂や倒木を撤去する技術に長けていて、なおかつそれをできる重機を持っているひと。きっとそういうひとが一番役に立つはず」 →地元の植木屋造園屋しかないのでは! そんな発想から、去年の秋から、とある有名な自治体のアドバイザーに就任した際に市におれから提案してきたのが、地元の造園屋植木屋さんがアライアンスを組んで自然災害発災時に消防団のように、対応にあたるような仕組みを作ろう、と提案してからもう一年。 企画書はもう十数ページに及び、何人かの知見者にも話を賜りながら進めてるんだけど、デスク系出身でないおれにとっては、「有事の時に、ほんとは誰が活躍してるのかしてないのか」を、とにかくこの目で見ない訳にはいかないと、人吉に行った。球磨には昔1ヶ月滞在したこともあり、熊本には大事なひともいる。 だけど、コロナ禍中のタイミングで、脊髄反射的に被災地に駆けつける人みたいに見られないように、車から出る行為や、人とのコンタクトは最低限にして、熊本にいる同志で、いままでなにかと九州の有事にはいつも合流してきた10年の付き合いのある元議員さんや、自衛隊での勤務経験と消防署長も務めた方と合流して、連日いろいろ熊本の地元話聞きながら案内してもらった。すべては話せないけど、すごく勉強になった。 いま自分のできることは何かなと考えると、やはり日本中にいてるたくさんの地元の植木屋造園屋さんの、もて余している技術や重機を、災害時の72時間の壁の間に行政機関や消防団と連携して地元の為に役立てれるような仕組みを作ること。まずはそのモデルケースをその自治体と作ること。ゆくゆくはそれを各所に展開していくこと。一年前から熱弁してきたこの仕組みの重要性を一人でも多くのひとに理解してもらうことをにいまは情熱と時間を注いでる。 緑化というのは計画次第で、災害時にプラスにもなればマイナスにもなる 例えば都市緑化に於いて暴風植栽と指定されて常緑樹を植えないといけない計画も、そもそもその樹木自体が植えた直後は特に凶器になりうることがあるとか。 例えば、基礎がないプランナーがファッション志向の強い植栽計画をした場所では、植えたり設置した植物が避難の邪魔をしたり、店内に置いてある観葉植物が地震で落ちたらわざわざ人が死ぬだろーなーという場所に置いてあったり、ビックリするほど風に弱いふにゃふにゃの木々が植えられてあって台風の度に枝が折れて飛んでったりとか。 例えば、日本庭園は様々な公共機関にも取り入れられるけど、枯山水は人工的にかなり作り込まれた様式なので、災害発災時には砂利や石畳は避難時に歩きにくいし、池泉回遊式に至っては、わざわざ遠回りしないといけない。コレ、当たり前の話で、応仁の乱後くらいからブームになった枯山水は気候もその時代の設定だし、もっと古い池泉回遊式は言うまでもない。いまおれたちはもうそれから何百年経った令和の時代を生きてるんだって、って、自然災害が頻発する現代のなかで和の庭の様式だって、導線にある和庭はアップデートされてもよいわけなのに、 (あ 日本の多数いる庭師さんはみな尊敬してるが、視点は彼らと違う自分なりのものを持ってるという意味です悪しからず) だけど、日本人は短絡的に古いものをマジメに真似とけばokと思いガチな民族だから、理解してもらうのがむずかしい。 とあるお坊さんが「いまの庭師はやり方ばかり追いかけてるけど、まずその根本にある哲学を学んでほしい」と言ってたけど、その哲学の部分は、時代とともに変わっていくこともあると思う。例えばだけど、雑な言い方するとアップデートされた完全バリアフリーの日本庭園とか、発災時に強い例えばいざというとき避難したりできる日本庭園とかあっていい。しかし、なにかを再開発したり、リノベする際、そういう発想をもった庭屋もいないし、行政にはそういう判断できる知識や勇気あるひと少ない。 残念ながらこの視点でいうと、日本になかった広場という概念をもつ西洋発の緑地空間は、有事にはなにかと役立ったりする。 とかね。 話をもとに戻すと、今回のこの企画はまだまだよちよち歩きで、これからも生きた会話をいろんな人として、作り上げていきたいなと思います。 街の植木屋さんもそこらへんで酒飲みながら井の中の蛙的に自分の自慢話をしてるくらいなら、ほんとに世のため人の為に役に立って自慢してほしい。この業界はこの十年間おれがやったことを必ず真似する人が多いけど、売れるものを真似しまくるなら、世の為人の為に作るこの仕組みもぜひ真似してほしい笑 バラバラ書いたが、最近はおれも行政機関からの依頼がどんどん増えて、この一年とかは大型や超大型の計画には必ず防災の観点や仕組みを取り入れるようにしている。 まずは契約してる自治体とこの秋のタイミングでリリースすることを目指して動いてるけど、それがモデルケースとなって全国の植木屋造園屋さんの地域に波及してくればよいなと願う

A post shared by seijun nishihata 西畠清順 (@seijun_nishihata) on

【Ginza Sony Park】銀座駅B9番出口直結。旧ソニービル跡地に2020年までの期間限定オープン。TokyoFMのサテライトスタジオの設置や期間限定のイベントも開催。地上フロアの「買える公園」は西畠清順がプロデュース。 #GinzaSonyPark #銀座 #TokyoFM #西畠清順 ginzasonypark.jp

【ニュース 2020.7.9】西畠清順のInstagramが更新されました。下記URLよりご覧ください。 instagram.com/p/CCZm3mxAbds/… #西畠清順 #そら植物園

絶対不可能を覆す常識破りのハンティングで注目される、若き植物探索者のノンフィクション。 『プラントハンター 命を懸けて花を追う』(西畠清順) tokuma.jp/bookinfo/97841…

代々木 VILLAGE by kurkku(東京)kurkku プロデュース、小林武史 設計、片山正道 インテリアデザイン、そら植物園 西畠清順 造園 グッドデザイン賞受賞 yoyogi-village.jp

絶対不可能を覆す常識破りのハンティングで注目される、若き植物探索者のノンフィクション。 『プラントハンター 命を懸けて花を追う』(西畠清順) tokuma.jp/bookinfo/97841…