沢田研二の開演直前の公演中止の評判・口コミは?世間の声をまとめてみた

沢田研二の開演直前の公演中止とは

沢田研二さんは日本を代表する歌手、俳優、作詞・作曲家。両親の実家がある鳥取県鳥取市生まれで京都府京都市育ち。

本名は澤田 研二でニックネームはジュリーの相性で親しまれている昭和の大スターです。

そんな沢田研二さんが、10月17日に行われる予定だったさいたまスーパーアリーナでの17時から開始予定の公演を直前で中止したことが話題を読んでいます。その後正式に「沢田研二 70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』」び中止を管理会社が認めています。

沢田研二の話題・口コミ

沢田研二さんの歌じゃないけど「勝手にしやがれ」🎵headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-…

阿久「(沢田研二の一連の作品で)現実にああいう男いますかって言われたら、いない男たちばっかりです」和田「フィクションの世界ですよね」阿久「ええ」-『A面B面』(1985、和田誠との対談)

沢田研二の「六番目のユ・ウ・ウ・ツ」がなかなかの電波テイストであることに今さら気づくなど。

【定期】好きな歌手:美空ひばり・中森明菜・中川翔子・鶴田浩二・三波春夫・沢田研二・世良正則・ETC... 昭和の歌手が好きですヾ(o´∀`o)ノ昭和歌謡LOVEです(*´∀‘)

【沢田研二】※好評発売中♪“座席選択可” 2019年10月4日(金)本多の森ホール(石川) entame-style.jp/feature/detail…

test ツイッターメディア - 【沢田研二】※好評発売中♪“座席選択可”
2019年10月4日(金)本多の森ホール(石川)
https://t.co/KWx4y6SAB7 https://t.co/0RD2pBAO8Y

清志郎さんは自分のプロダクションで、それでも反原発の歌は、当時のレコード会社から発売出来ず。沢田研二さんはナベプロから独立。今は「我が窮状」のような歌を出して自由に歌っておいでです。でもスター街道をプロダクション、レコード会社、TV局とのタッグ走っている間は、とても無理な話です。 twitter.com/tomo_coach220/…

妻からの報告。昨日、娘が泣き出したら、通りがかりのおじいさんが「殴れ!とにかく殴れ!私は息子をそうやって育てた。孫も一発殴ったら言うことを聞くようになったぞ!」とアドバイス。沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」かよ。ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった。殴らねえよ、おい!