小林賢太郎の評判・口コミは?世間の声をまとめてみた


Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

Warning: stripos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 621

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/kaito4432/aakppa.org/public_html/wp-content/plugins/fetch-tweets/include/class/request/http/FetchTweets_HTTP_Base.php on line 630

小林賢太郎とは

小林賢太郎の話題・口コミ

他人に決めつけられたキャラがぶれそうになったとき 「ま、いいんじゃない?たまには、"らしくない"こともさ?」 と小林賢太郎が励ましてくれます。

自分のつくったものをプロとして発表するのなら、それを買ってくれるお客さんには計り知れない最高のレベルに達していなければならない。表現を仕事にするって、そういうことです。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

小林賢太郎氏の文章は、毒味のあること言ってても、それすらかわいーってなる。 し、圧がない。 なんてゆうか……「小林賢太郎です」って感じだ。 (どんなだよ)

コツは、肯定文で伝えるということ。「それではダメだ」よりも「どうするともっと良い」というように。「ダメ出し」ではなく「提案」。その方が、どうも役者の潜在能力を引き出せるようなのです。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

一生楽しめる脚本ってパワポケと小林賢太郎作品だけだな

演技に正解はいくつもありますが、不正解であることは明確にわかります。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

「表現力」とは、一方的に発信するだけでなく、受け取る相手のことも考えるということ。言い換えれば、コミュニケーション能力なのです。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

@mafumafu_bass 徳澤青弦さん。 去年、小林賢太郎さんとの舞台 「うるう」を観劇し、 一緒に行った中学生の息子は チェロをはじめました。今回の「NATURAL」に参加されているのを知って、感激です。 (ダジャレではありません(^^))

#あさやメモ ラーメンズの小林賢太郎の訳書 絵本 オレ、なんにもしたくない amazon.co.jp/dp/4896378679/…

「自分の発言や行動を、相手がどう感じるか」。笑いにせよ感動にせよ、美しさや不思議さにせよ、表現を仕事にする者にとって絶対的に必要な感覚です。この感覚があるから「ウケる」わけですから。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

顔と名前を出して仕事をするのなら、どんなことを、どんな人たちに、どのくらい知ってもらうべきか、よく考えて活動することが大事だと思います。僕の場は、(略)「顔」より「名前」より「作品」です。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

ラーメンズの小林賢太郎が50on5というコント1本のために、いくつものひらがな表を買い集めて「『を』(の例文)はどこも『てをあらう』なんだな」と導き出してからコント書いてた話めちゃくちゃ好きでして ものを作るってそういうことだよ

「ないものをつくる」ということに必要なのは「できない理由」よりも「出来る方法」なのです。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

コントは生き物だ。爆笑だけがおもしろいじゃない。 (ラーメンズ小林賢太郎)

作品の中にある情報を制限することによって、観客は強制的に頭脳労働させられます。足りない情報は、自分で補ってしまうのです。これを積み重ねることで、観客はグイグイ作品の中に取り込まれていきます。 【僕がコントや演劇のために考えていること】amzn.to/2kLuDeW

2019年11月に録画してあった達人達の椎名林檎×小林賢太郎のやつやーっと見た。おもしろかった〜ものすごい見応えあった。

やっぱり小林賢太郎氏はすごい。 お笑いとかゆーくくりじゃなくて、自分の表現したいものを表現する、てゆう。 それじゃないとダメなんだ、てゆう思い込みやなんかを壊してくのってなかなかできない。