都市対抗野球の評判・口コミは?世間の声をまとめてみた

都市対抗野球とは

都市対抗野球の話題・口コミ

プロ野球もだが都市対抗や大学高校野球も中止中止だと今年のドラフトもどうなるのかな。

社会人野球のバイブル「GURAND SLAM」を手に入れました。 今年は北関東の4チームが特集されていて注目が高まっていることを感じます。 日本選手権は中止となりましたが、都市対抗野球は観たい! #GRANDSLAM #社会人野球

test ツイッターメディア - 社会人野球のバイブル「GURAND SLAM」を手に入れました。
今年は北関東の4チームが特集されていて注目が高まっていることを感じます。
日本選手権は中止となりましたが、都市対抗野球は観たい!
#GRANDSLAM
#社会人野球 https://t.co/17cU9YDhf1

【OB紹介】丹波健二・・・1984年~1991年在籍。1991年、第62回都市対抗野球大会において、現在も大会記録である一大会個人9本塁打を記録。橋戸賞はもちろんのこと、首位打者賞、特別賞も受賞。

第30回都市対抗野球大会優勝・・・松山市代表・丸善石油チーム(県勢唯一の黒獅子旗)

栃木では先月、社会人野球大会を関係者以外立入禁止の中開催、 創部三年目の我がチームは初勝利ならず、8月の都市対抗野球に向けて準備しております。 私の軟式野球は全て中止。ただゴルフだけはフツーにやれてますね。 次回月例に向けて準備したいかな・・・

【優勝回顧5】2007年、第78回都市対抗野球大会において8年ぶり6回目の優勝。予選で敗退した同じ神奈川県のチームの四番をごっそり補強。クリーンアップに据える横綱野球で、“王国・神奈川”の威厳を見せつけた。

@akitokikutaro 都市対抗の予選も中止になり高砂市まで行くこともなくなりました。JABAからの要請だとのことです。アマチュア野球も中止。夏の甲子園も予選できるのかなぁ、それまでの大会も中止になってる。プロ野球もできるのかなぁ。

【優勝回顧4】1999年、第70回都市対抗野球大会において8年ぶり5回目の優勝。須田喜照(現山梨学院大野球部コーチ)、高橋尚成(現横浜DeNA)の両左腕が原動力に。

【優勝回顧3】1991年、第62回都市対抗野球大会において3年ぶり4回目の優勝。四番・丹波健二が一大会9本塁打、1試合3本塁打、初戦から5試合連続本塁打と大爆発。チームも一大会17本塁打の記録を樹立し、強烈な印象を与えた。

【優勝回顧その2】1988年、第59回都市対抗野球大会において5年ぶり3回目の優勝。高見泰範(橋戸賞受賞。のちに監督)、菊池総、葛城弘樹(のちにコーチ)らの活躍で、(東京ドーム初代覇者)に。

【優勝回顧その1】1978年、第49回都市対抗野球大会において初優勝。決勝の相手は同じ川崎市の日本鋼管だった。名門への第一歩を記した記念すべき大会。